クリスマスのカンボジア4~アンコール遺跡群小回りコース~

最終更新日

アンコールワット 大回りコースだと丸1日掛かりますが・・
子供の体力も考え、今回は小回りコースにしました(自分は何度も大回りしてるし)
トゥクトゥクと悩んだけど、暑さ対策を考えて30ドルで車をチャーター。
(英語のみのドライバーさん大体7時間で完了しましたが時間制限があったわけではありません)

意外と涼しい12月のカンボジア。
連日のプール付き添いで見事に私が風邪をひき、発熱中だったので車にして正解でした。
この日はギリギリの体調で頑張ります。

写真(30度以上の屋外で寒がる危険な人)

アンコール遺跡チケット購入

18年前には、質素な窓口だったて言うか、小屋レベルだったチケット販売所は、もはやテーマパークのエントランスのように豪華になっていました。
(旧チケット販売所は通り掛かったら空き家になってましたね)

お土産とかも売っててアミューズメント感満載。
1日・3日・7日購入日数ごとに窓口が分かれていました。
(適当に並んでたら並び直す羽目になった・・)

息子8歳は無料なので、自分の3日間チケット62ドルを購入。
長蛇の列で、1組ずつ写真撮影とかもあり時間がかかるのですが、意外と待たなかったです。テキパキしてる感じ。
手持ちのドルが減ってきたのでクレジットカードが使えたのも助かりました。
(思ってたより物価が安くなくてドルがどんどん減りました)

大混雑のアンコールワット

念願のアンコールワット に到着したのが10時頃。
10年ぶりのアンコールワット に感動を・・と思いきや・・
人人人・・人!!

18年前は悠々と噛みしめられた雰囲気が・・はっきり言えば、ないです。
どう工夫して撮影しても人が写り込んでしまう状態。

繁忙期の昼間なんで仕方ないですね・・
参道も工事中で、不完全燃焼で終わりました。
感動は・・・しなかった・・・
て言うか真夏なのに、後半私だけ北国にいるかのような寒気に襲われておりました。

18年前は待望のアンコールワット に涙したのに・・・
(翌日早朝に再度チャレンジして多少満足しました)

2時間もらった自由時間も1時間でギブアップしましたねぇ。

アンコール・トム

アンコールワットの人混みにぐったりして、余計体調も悪くなった頃アンコール・トムに到着。
アンコールワットよりは、まだ人が少なめ?でした。並ばなくても歩ける感じ。
下段であれば人気のない箇所もあり、ひとしきり撮影にはしゃぎました。
自由時間は1時間半。
たっぷり楽しみました。

やっぱり遺跡は人がいないに限る!!!

タ・プローム

もう、体調限界じゃない?
そんな頃到着したタ・プローム。
子供が楽しそうなので頑張ります!

遺跡の前でココナッツ飲んで、ちょっと元気回復。
タ・プロームは意外と混んでいませんでした。
(昔来たときはこここそゴミゴミしてたイメージでした)
今回はラピュタっぽいと有名なベンメリアには行かない予定なので(もう2回行ったことあるし)
苔の遺跡を楽しみました。
息子は見事に苔でこけたけど。
(ダジャレじゃないよ)

結局なんだか早回しで進み、3カ所巡って7時間くらい?
ホテルに戻ったら泥のように眠りたい気持ちを抑え・・
息子のプールに付き合い、プールサイドで死んだ目で佇みました。
タオルにくるまり・・それはもう妖怪みたいな感じ。

風邪なら良いけど、デング熱だったらどうしようという不安が募る中、大丈夫。次の日には治ってましたよ〜
デング怖い怖い。

翌日のアンコールワット サンライズ

体調不良の翌日、体調が良くなったものの
4:30待ち合わせでトゥクトゥクドライバーさん頼んでたのに
起きたの4:10!!

大丈夫。
スッピンで息子叩き起こして即出発。

息子はなんだか寝ぼけたような謎の言動をしてましたが、結果オーライです。
前回、アンコールワット のサンライズに半袖で参戦して、凍えたことがあるので、今回は大袈裟かなと思いつつ、日本から持ってきたユニクロのパーカーとライトダウンも持参。
トゥクトゥク乗車中はライトダウン着ましたね・・風が冷たいのです。

しかし、ライトまでは思い付かず、足下真っ暗な道を携帯のライトで歩きました。
懐中電灯持っている人の方が多かったです。

更に、寝坊したから虫除けも忘れ、刺され放題。
全然結果オーライじゃなかった・・

とりあえず、池越しにサンライズを見るスポットは激混みで、そんなに池には拘らないので、別のスポットで夜明けを鑑賞。
最高の景色です。

夜明け後、日の出の前に池周りがなぜか空くので(多分みんな暁が見たいのかな?)
日の出は有名撮影スポットの池越で。

薄明かりのアンコールワット は人気が少なめで最高でした。
これぞアンコールワット !!!

前日の不完全燃焼感がなくなり、大満足のサンライズ。
アンコールワット は朝が一番ですね。

ちなみにこの日のトゥクトゥクチャーター料金
アンコールワット 早朝往復+午後市内散策時往復送迎
ホテル2往復で15ドルでした。
(ドライバーのsrosさんが時間厳守で良い人だったので結局連日同じ人に頼みました)

画像(撮影スポット池の前で撮影した日の出)