夜驚症あるある。

夜驚症って言葉を知っていますか??

夜驚症は睡眠障害の一つで、睡眠後に突然起きて泣き叫ぶ・暴れるなどの症状を起こすことです。

詳しくはコチラ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E9%A9%9A%E7%97%87

発達障害児は睡眠障害になる可能性が高いとのことですが、我が家の長男ももれなく夜驚症でした。

生まれた時から夜泣きがひどく、夜泣きが落ち着かないまま夜驚症に移行した感じです。

 

 

夜中に突然起き上がり、走り回りながら叫ぶこと10分程度を一晩に何度も繰り返す長男。

おそろしかわいそう

なんかもう、呪いかと思った。

そして、周囲が全く見えていないので超危険です。

 

夜驚症にも慣れ、長男の運動能力が上がった小学生入学頃の話・・・

 

 

「うう」だの

「ああ」だの

で!起動!!

思っている以上に俊敏に動いてくれる体、無駄のない動き

走り出す長男ゲット!!!!

自分の限界に毎晩挑戦できる刺激的な日々

を、送っていた我が家です。

子供の成長とともに求められる瞬発力が上がり、衰えられないプレッシャーに負けそうになります。

 

 

そんな我が家でしたが、長男が3年生になる頃自然と夜驚がなくなりました。再発しないことを祈るのみ。

 

毎晩戦闘態勢だったわけですが、病院に相談すると睡眠導入剤的なものがもらえるらしいです。現在進行形で夜驚にお困りの方は相談してみましょう。