発達障害児ママこそ起業しよう!働きたいけど働けないママへ

子育てをしながら働くことの辛さを感じているのは子育て中のママのほぼ全員と言っていいでしょう。そのくらい兼業主婦の生活は過酷です。職場環境・両親義両親の援助・ご主人の理解度や働き方によっても状況は大きく変わりますが「楽」と感じている人には出会ったことがありません。

そして、一般的にさらに手間が掛かると言われている発達障害児の場合は、その苦労も比例して増えますね。この記事では特に発達障害児を持つママに勧めたい自宅起業についてお伝えしたいと思います。

発達障害児ママはなぜ働きにくいのか?

子供がいることで基本的に

子持ちが働く上での問題点

・子供の体調不良に対応する必要がある
・学校行事が平日にある
・残業に対応しにくい
・子供と過ごす時間が少ない

という問題が生じます。家事をこなすのも一苦労で、全てが時間との勝負になりがちです。

発達障害の子供がいる場合は、上記の問題点にプラスして下記の問題が追加される場合が多いのではないでしょうか。

発達障害児の子持ちが働く上での問題点

・問題行動が目立つ場合は学校に頻繁に呼び出される
・学校と密な連絡が必要な場合がある
・通院や療育のために平日の用事が多い
・子供の変化を常に見守る必要がある
・親自身が精神的に追い込まれる事がある
・他の子より手がかかる期間が長い

主観もありますが、問題行動が多ければ頻繁に学校と連絡を取りますし、迷惑をかけてしまった相手のお宅に謝罪に行くこともあるでしょう。他の子が留守番ができる歳になっても、まだ自分の身の回りのことすらできない場合も少なくありませんよね。

感情の起伏が激しい子供の相手を続けたり、問題行動が多い子供に振り回され、ママが心穏やかに過ごす事が難しい日があるのも普通の事だと思います。

発達障害児のママにこそ起業がオススメな理由!!

話を元に戻しますが、発達障害児を育てながら会社に所属することは本当に難しいことです。休みが多い・早退も遅刻も多い・精神的に安定が保てない・・・

普通に考えれば、あなたが採用担当者なら、このような人はお断りしたくなると思います・・

起業のメリット

まずは起業のメリットを考えてみます。

  • 自由な時間に働ける
  • 自由な日に休みが取れる
  • 休みを取ることに気を使う必要がない
  • 病院にも学校にも通いやすい
  • 会社での人間関係の悩みがない
  • 子供にしっかり向き合う時間を用意できる
  • 自宅で開業すれば子供といる時間は大幅に増える
  • 人に会いたくない時に無理をしなくて済む

発達障害に関係なく、多くのママが望むことは全て起業のメリットに含まれるのではないでしょうか?

起業のデメリット

会社で働くことに比べればもちろんデメリットも存在します。しかしこれは「順調に仕事ができた場合」であり、会社を休みがちになってしまっている場合には当てはまりません。

  • 安定した収入が得られるか分からない
  • 保険や年金は自分で加入する必要がある(扶養内なら不必要)
  • 気分転換がしにくい

自分が起業した例

私は外で働く事が好きでした。気分転換にもなるし、家庭から離れられる。会社単位で考えると理解がある会社とは言えませんでしたが、部署単位で見ればとても恵まれた環境で仕事ができていたと思います。

しかし、息子の問題行動が続いて時短勤務に変更してもらっても、業務量を減らすことはできませんでした。結果的に自分のキャパオーバーを感じてリタイアを決め「会社で働きにくいなら自分で起業しよう」と決めたのです。

起業は想像以上に簡単にできる

ビジネス系の中でも起業関係の知識が全くなかった私は以前にも何度も起業を考えては一瞬で「大変そう」というイメージだけで終わらせていました。

しかし、本気になって検索してみると特に個人事業主としての起業は非常に簡単なもので「個人事業の開業・廃業等届書」という書類を税務署に提出すれば良いだけ!特に費用も発生しません。

確定申告は本気で取り組む必要がありますが・・

クラウドソーシングを使用すれば営業の必要もなし!

起業するには「何をするか?」「何で稼ぐか?」を考える必要がありますが、今はクラウドソーシングで仕事を得る事ができる時代です。

クラウドソーシングとは、「仕事をして欲しい人」「仕事がしたい人」をつなぎ合わせるサービスなので、やりたいと思った仕事に応募・採用されるだけで仕事が発生するため、個人的な営業や宣伝は必要ないのです。

もちろんクラウドソーシングサービスに手数料を支払う必要がありますが、営業の手間や宣伝費用を考えれば、使いやすさのメリットの方が大きいと言えるでしょう。

自分には何のスキルもないと感じている人も一度クラウドソーシングサービスを覗いてみると良いです。スキル不要な仕事もたくさんあり、スマホだけでお金が稼げる物まで存在しています。クラウドワークスは↓をご覧ください。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

まずは副業から初めて「様子を見る」「自分の得意分野を見つける」のがオススメです!

確定申告もクラウド会計ソフトで知識要らず!

簡単に起業ができるものの、やはり確定申告にはいろいろな手間が発生します。だってできるだけ経費で計上して税金を節約したいですからね!

そんな時にオススメなのは、会計freee

簿記や会計の知識がなくても使用出来るよう考えられている会計freeeは毎月1,180円からのプランがあるとても手ごろなサービスです。起業をしたらすぐ会計を初め、確定申告に向けた準備をしておけば年度末に慌てることもありません。

まとめ:発達障害児のママは働きにくい!それなら起業してしまえ!

「働きにくいなら起業してしまえ!」というのは、一般的には極端と言われるかもしれません。でも起業自体は本当に難しい話ではないのです。なぜなら、今は知識がなくても起業しやすい環境が整っているからです。

肩身の狭い思いをして会社に所属し続ける辛さに耐える必要があるのでしょうか?自分の好きな時間に仕事をして、子供と向き合う時間をしっかり確保した方が誰にも無理のない環境だと思います。