もっと早く知りたかった!発達障害の子供の叱り方!

私、息子の叱り方に大問題があったようです。心療内科の先生にガッツリ怒られたので記事にします。

息子を叱るとパニックに陥ってしまうんですが・・
どうしたらいいんでしょうか?

お母さん、どうやって叱ってます?

静かな場所で2人で正座して向き合って
冷静に話を聞き
理由を聞き
何がいけなかったか話し合い
これからどうするかを考えます

昔は感情的に叱ってしまうことがあったのも正直なところなのですが、数年は大きなトラブルほど冷静にしっかりと話し合いをするようにしていました。

でもいつも息子は途中から取り乱し「死にたい」「産まれなきゃよかった」と泣き叫ぶ展開に発展してしまい・・まさに地獄絵図状態でした。

もうどうしたら良いのか・・

お母さん、それイジメです

イジメです

イジメ!!!!!

私の試行錯誤と苦労って、なんだったんだろう・・・
という自己嫌悪はたっぷりしたので、自閉症スペクトラム児の良い叱り方をまとめました。

発達障害の子供の叱り方まとめ

自閉症スペクトラム児は自己評価が下がりやすく、思い込みも激しい。必要以上に追い込んでしまっても良い結果にはなりません。

実際に息子は自己評価底辺ですし、叱る度に死にたくなっちゃうくらいです。

①やってしまった事を良いか悪いか確認

事実確認は、学校で先生と済ませているのなら再度聞き直さないようにします。
内容を確認して、それが良いこと?悪いこと?だけ聞きます。

まず悪いことは分かった上でやらかしているので(うちの場合ですが)話を先に勧めます。

②じゃぁ次どうする?

これ。
コレでおしまいです。

ママ「じゃぁ次どうする?」
息子「◯◯しないようにする」(例)

で、おしまい。
「本当にできるの?」「大丈夫なの?」などの再確認も禁止!



それじゃ、ことの重大さが伝わりますかね・・?

しつこく叱るのって親が安心したいだけですよね?

・・・・・たしかに・・・

図星と納得と後悔で思考が止まる私・・・

ポイント

・時間はなるべく5分程度
・しつこく聞くことに意味はない
・こっぴどい注意に意味はない
・なるべく静かな場所で静かな声で
・再確認はしない

そして、ママから注意があった場合は、パパから再注意は不要だそうです。

発達障害の子供の叱り方の問題点

先生から教わった叱り方をしていくにあたり、いくつか問題点がありました。

学校との連携

まず、うちの子の場合のトラブルは学校が多いので、担任の先生との連携が必要になります。
第一アプローチをする担任の先生からの情報が全てになるし、学校でのトラブルに関する注意は先生がメインになります。

今年の担任の先生は信頼できる先生で、この点はクリアできましたが、去年までの担任の先生で信頼できると思えた方はいなかったので頭を抱えていたと思います・・・

親の不安

厳しく叱るのは親の自己満足・・・なるほどと納得はしたものの
特に学校でのトラブルは人に迷惑がかかる上に危害が及んでしまうような非常に大きな問題なので、本当にそれで良いのか・・
正直まだまだ心配です。

発達障害の子供の叱り方に注意しなくてはいけない理由

ここからはさまざまなデータを参考にしています。

音に敏感

発達障害の子供は他の子供よりも耳に入る音に敏感な傾向があります。ママやパパの怒鳴り声は耳元でドラを鳴らされているような大音量に聞こえ、恐怖で思考がストップしてしまうのです。

気持ちの切り替えが苦手

気持ちの切り替えが苦手なので、叱られ始めると不快な気持ちをどんどん自分で強めてしまい、その不快から逃げるためにパニック状態に陥ります。

その上、その記憶は深いところまで刷り込まれ、何度もフラッシュバックしてしまうようです。

考え方が極端

発達障害の子供は0か100かの考えが多いので、1つのことを叱られただけで「全部ダメだ、何もできない」と思い込みます。うちの場合「産まれたくなかった」「死にたい」がその表現なんだと思います。

しかも、その思い込みはなかなか治りません。

まとめという名の反省

息子の自己評価の低さは私のせいだったのか・・という思いと、しっかりと子供と向き合っていたつもりだったことも逆効果だったようで・・反省点しかないという結論です。

落ち込んでる場合じゃないですね・・(涙)